掲載会社数 0102 件    施工例数 0365 件

イエタッタTOP に戻る
イエタッタお問い合わせ

失敗しない土地選び

イエタッタ編集部
2018.01.18
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

〈土地はどこで買える?〉

大きく分けると「建築会社」か「不動産業者」で買うことが出来ます。それぞれ特徴がありますが、理想の土地を手に入れるためにはたくさんの情報源を持っておくことが大切です。

 

●不動産業者

不動産業者から土地を買う場合、自社所有の物件を直接販売する、「売り主」と、代理で販売する「販売代理」、そして売り主と買い主の間を仲立ちする「仲介」があります。「仲介」の場合は仲介手数料が掛かります。また、ひとくちに「不動産業者」と言っても、大手の不動産会社から町の不動産屋さんまで、その規模は様々です。大手の不動産会社のほうが物件数は多いですが、町の小さな不動産屋さんで希望の条件ぴったりの土地が見つかることもありますので、どちらにもアンテナを張っておく必要があります。

 

●建築会社

ハウスメーカーや工務店などの建築会社が土地を所有している場合もあります。この場合は「建築条件付き」と言って、その土地を所有する建築会社で建てなければいけない場合がほとんどです。また、土地売買の「仲介」をしているところもあり、建築主の希望に合った土地を探してもらうことが出来ます。建てたいメーカーや工務店が決まっている場合は、その会社が所有している土地はないか、または自分たちに代わって希望に合った土地を探してもらえないか、と相談してみるのもひとつの手です。

 

 

〈分譲地での区画の選び方〉

「ニュータウン」と呼ばれる分譲地では、土地の向き(接道面の方角)や角地かどうか(接道面の数)によって価格が違います。なぜなら、土地の持つ「性格」によって建築する家のプランに制約が生じるので、制約の少ない土地ほど人気があって、高く売れるからです。では、安い区画は選ばないほうがいいのか、と言えばそんなことはありません。その土地の個性を理解したうえで、理想のプランとの相性さえ悪くなければ、むしろお買い得です。

 

~土地の向きの特徴~

●南向き(南側道路)

日当たりの良い南側が開けているので、採光を十分に確保した設計ができることが魅力です。しかし、リビングを南側に配置するならば、道路からの視線対策が必要に。

 

●北向き(北側道路)

 北向きの土地は玄関や車庫を北側に設けて、日当たりの良い南側にリビングを配置することが出来ます。しかし、土地の広さによっては南側に隣家が接近してしまい、十分な日照りを得られない場合も

 

●東、西向き(東、西側道路)

 東向きの土地は午前中の日当たりがいい分、真夏は日差しが強くなりがちです。西向きの土地は午後の西日対策のため、道路側に大きな窓を設けることは避ける設計が多いです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


関連記事

施工事例

カテゴリー

タグ

インスタグラム
イベント施工事例を更新

イエタッタロゴ

home  | 施工実例を見る  |  住宅イベントへ行く  |   モデルハウスへ行く  |  家づくり基礎講座  |   会社名で探す  |  イエタッタの考え  |   イエタッタガイドブック  
  イエタッタニュース  |  サイトマップ  |   利用規約  |  プライバシーポリシー  |   お問い合わせ  |  運営会社  |   ご掲載を希望される方へ  |  登録会社一覧

【石川版 イエタッタ】へ移動する

©IETATTA