掲載会社数 0101 件    施工例数 0329 件

イエタッタTOP に戻る
イエタッタお問い合わせ

知っておきたい収納の種類

イエタッタ編集部
2018.01.20
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

家を作るときに悩むことのひとつ、収納。もちろんないと困りますが、たくさんあればいいってものでもありません。用途によって収納するのに適した場所があるはずなので、配置も大事です。色々な収納用品も売っているので後からでも工夫やアイデア次第で使いやすくは出来ますが、新築時にしか設置できない収納もあります。どんな種類があるのかを知って、後悔しない収納計画を立てましょう。

 

 

1.シューズインクローゼット(S・I・C)

「靴を履いたまま歩く」ことのできる、玄関脇の靴をしまうスペース。最近ではアウターをかけるクローゼットの役割やベビーカーやゴルフバッグなどの収納スペースとしても利用される方が多いです。季節外れの靴や普段履かないフォーマルの靴などもしまっておけて便利です。

 

.階段下収納

階段の下のデッドスペースを利用した収納スペース。掃除機やバケツなどの掃除用品などを収納するのに便利。頻繁に使うスペースではないと思いますが、小窓かライトを設置すると使い勝手がいいでしょう。

 

.パントリー・食品庫

主に食品や飲料、調理器具をストックするキッチンの側のスペースです。スペースに余裕があればキッチンのそばに別室を設けて食品庫にしても。その場合、勝手口や土間を設けたり、奥様の小さめのスペースを食品庫内に作る方もいます。使い方は様々です。

 

.食器棚

新築時ですと、スペースに合わせたオリジナルの食器棚をつくることができます。また、キッチンに合わせたカップボードは統一感のある空間を演出できます。

 

.ニッチ/壁厚収納

厚壁を利用した収納なので空間を狭めることもなく、収納スペースを確保することができる方法のひとつ。デットスペースを有効利用でき、奥行が浅いので出し入れしやすく小物などの収納に適しています。また見せたいアートやお花などを飾る事もできます。

 

.リビングストレージ

「いつもみんなのモノがごちゃごちゃして片付かない…」そんなリビングには、家族みんながラクに片づけを出来る大きい収納スペースを。それぞれのエリアを分ければ「自分でしまう」の習慣付けに。子どもの自立心を養い、パパも片付け上手になれます。おもちゃ、絵本などもこの中に収納してしまえばリビングも散らかりにくくなります。

 

.納戸

納戸とは収納用の部屋のことで、押入れとは違い、人が中に入って歩き回ることができる程度の大きさを持ちます。しかし建築基準法上の採光・換気の基準を満たしていないので、居室とは認められないのです。納戸は部屋の配置や広さに合わせて目的を変え、目的に合った使用・収納をすると便利です。

 

.ウォークインクローゼット(WIC)

その名の通り内部を歩けるクローゼット。目安として3帖以上の広い収納スペースを言います。衣類はもちろん、暖房器具などの季節物やアウトドアグッズなど趣味のアイテムもたっぷりと収納できるので便利です。せっかく新築されるのであれば、自分にぴったりのオーダーメイドのクローゼットを作ってみてはいかがでしょう。

 

9.本棚

書斎や寝室にはご主人や奥様の本を、リビングやダイニング周辺には子供たちの勉強道具、雑誌やお気に入りの本を置く本棚があると便利です。また造りつけなので動かして掃除をする手間がありません。

 

10.サニタリー収納

入浴後に使うタオルやパジャマなどを収納する場所があるといいです。最近では浴室近くにクローゼットを設ける方も増えてきています。

 

11.押入れ

奥行きのある作り付けの収納スペースで仕切りのない押入れは収納力も抜群。お客様用の寝具などをしまうときに便利です。 後々、仕切りがなくて使いにくくなった場合は収納ボックスや引き出し式の衣装ケースを活用するといいです。

 

12.ガレージ収納

ガレージ収納は自転車やバイクなどの収納、DIYにも利用できるスペースです。趣味は多い方にはとても便利でしょう。

 

13.小屋裏収納

屋根と天井の間にできる空間を利用した収納スペース。階段で上り下りする必要があるので、季節ごとやイベントのものなどの使用頻度が少ないものをしまうのに向いています。お子様が小さいうちは「遊び場」としても使うことが出来ます。

 

 

14.造作棚

家具を置かなくても見せる収納として便利な造作棚は、お気に入りの雑貨や食器などを飾る場所としても最適。

 

 

 

造り付けの収納だけでこれだけもたくさん種類があります。市販品の収納家具もありますが、間取りを決める前に収納のサイズが分かっていると、壁にぴったりとはめ込むこともできます。家具を置かなくていいのでお部屋がすっきりして見えます。

 

自分たちに合った、ぴったりの使いやすい収納を見つけましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


関連記事

施工事例

カテゴリー

タグ

イエタッタ公式LINE@会員募集中!
イエタッタtwitter 公式アカウント

家の本発行しました

イエタッタロゴ

home  | 施工実例を見る  |  住宅イベントへ行く  |   モデルハウスへ行く  |  家づくり基礎講座  |   会社名で探す  |  イエタッタの考え  |   イエタッタガイドブック  
  イエタッタニュース  |  サイトマップ  |   利用規約  |  プライバシーポリシー  |   お問い合わせ  |  運営会社  |   ご掲載を希望される方へ  |  登録会社一覧
©IETATTA